ビットコインなど仮想通貨のはじめ方、おすすめ取引所(初心者向け)

ビットコインなどの仮想通貨をはじめるには、どうしたらいいでしょうか?

まず必要になるのが、仮想通貨取引所のアカウント登録です。

日本では、bitFlyer(ビットフライヤー)、coincheck(コインチェック)、Zaif(ザイフ)、が主な取引所です。この3つを押さえておけば問題ありません。

仮想通貨取引所

しかし、そうは言っても、時間も労力も限られた資源です。

あとで解説しますが、結論から言えば、初心者なら、まずは、Zaif、それから、coincheck のアカウント登録をお勧めします。

リスク分散の意味でも最低限この2つには登録しましょう。

銀行の口座開設より簡単です。

印鑑不要です。

無料です。

今、やりましょう!

これからは「情報格差」ではなく、情報やアイデアをもとに行動を起こせるかどうかという「行動格差」が広がっていきます!

Zaif のアカウント登録はこちら

coincheck のアカウント登録はこちら



取引所、販売所とは?

現在、日本国内で提供される仮想通貨の売買に関連したサービスは、大きく分けて、「現物取引」と「証拠金取引」に分けられます。

証拠金取引は、さらに「仮想通貨のFX」「先物取引」「信用取引」の3つに分けられます。

まずは「現物取引」から

  • 現物取引
    • 販売所(業者が相手の売買)
    • 取引所(ユーザー同士の売買)
  • 証拠金取引
    • 仮想通貨のFX
    • 先物取引
    • 信用取引

ビットコインなどの仮想通貨を売買するなら、まずはシンプルに「現物取引」です。

そして、最初に覚えて欲しいことは、「現物取引」には、「販売所」での取引と、「取引所」での取引があるということです。それぞれ取引の相手が異なりますので注意が必要です。

以下で、解説していきます!

販売所は「業者の言い値」

「販売所」では、業者とユーザーの間で仮想通貨の売買を行います。

取引は常に「業者の言い値」で、売値と買値の差が大きく開いており、業者の「もうけ分」が織り込まれています。

これは、FXで言うところのスプレッドにあたり、あとで説明する「取引所」よりもユーザーには不利な価格が提示されているのが一般です。

アプリ、クレジットの使い勝手

ただし「販売所」は、スマホアプリですぐに取引できたり、小額での取引が可能だったりする点で、使い勝手が良い場合もあるかもしれません。

しかし、その場合でも、常に業者の「もうけ分」が含まれていることは、意識すべきです。

クレジットカードを使って仮想通貨を購入できる事もあります。

簡単で、ある意味便利ですが、購入できる仮想通貨の価格は「販売所」の価格とも異なる場合があるので、注意が必要です。

取引所は価格のマッチング

一方「取引所」では、ユーザー同士で取引を行います。

「取引所」では、業者は、売りたい人と買いたい人をマッチングする場を提供しているだけです。

ですから、仮想通貨を安く買うなら、「販売所」ではなく「取引所」を使うのが、一般的にはベターです。

感覚としては「取引所」は、株式の取引所のイメージです。「板情報」をもとに、「いくらで買う or 売る」と指定して「指値注文」を出して、通貨の売買をします。

板情報(売り板・買い板)

板情報を見れば、どの価格にどれくらいの注文が入っているかが分かります。

板情報

板情報のルール

  • 同じ価格なら先に注文を出した人から売買が成立する
  • 板には「成行(なりゆき)注文」は含まれない

3大取引所の「板」比較

取引所によって、取り扱っている仮想通貨の種類や、手数料が異なります。

売買したい仮想通貨によっては、選択できる業者が限られますが、「板情報」を使って売買できるかどうかは、とても重要なポイントになります。

また、スムースな取引をするためには、ユーザーが多く、売り手と買い手が十分にいる流動性が高い取引所を選ぶのも無難です。つまり「板」の厚さも大事です。

3大取引所「板」

Zaif(ザイフ)

【Zaifの主な特徴】

  1. ビットコインだけでなく、イーサリアム、ビットコインキャッシュなど、取り扱っているすべての通貨を「板情報」を使って売買できる
  2. トークンの売買ができる
  3. 積立投資に対応している
  4. 取引が進められない事がある(本人確認の遅延、サーバーダウンなど)

イーサリアムを板で売買

Zaifの1番の良さは、ビットコイン(BTC)だけではなく、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)などのアルトコインも「板情報」をもとに売買できる事です。

これからは、イーサリアムの時代です。証券市場が長期的に膨れ上がった歴史が示すように、イーサリアムは、トークン市場の入り口として働き、その価値は膨れ上がっていくはずです。

トークンの売買

トークンの売買ができるのも、他の取引所にはない、非常に面白い特徴です。

日本におけるICOの大型案件第1号であるCOMSAトークンもZaifに上場されています。

一喜一憂しないための積立投資

積立投資の基本は、「ドルコスト平均法」です。

「ドルコスト平均法」は、「定額」を購入し続けることにより「定量」を購入するケースと比較すると平均取得単価を引き下げる効果がある投資法です。

一般には、売買のタイミングがうまくつかめない初心者や、中長期の投資に向いているとされます。

しかし、もちろんドルコスト平均法にも注意点もあります。

ドルコスト平均法の注意点

  1. 強気相場での機会損失
  2. 支払い手数料の増加
  3. 集中投資のリスク

今のところ、全体として強気相場である仮想通貨において、十分な投資資金がある場合は、「ドルコスト平均法」は機会損失につながる可能性があります。

また、また支払い手数料の増加、また、特定の仮想通貨への集中投資のリスクもデメリットとして注意が必要です。

しかし、ボラティリティーが高い仮想通貨において、投資対象が値下がりした場合の「投資家の気休め」にはなりそうです。

Zaif のアカウント登録はこちら

coincheck(コインチェック)

【coincheckの主な特徴】

  1. 見やすい、使いやすい、ユーザーが多い
  2. ビットコイン以外(アルトコイン)の仮想通貨の品揃えが豊富
  3. 「板情報」で売買できるのは、ビットコインだけ、しかもPCサイトだけ
    注意1:アルトコインは販売所での売買のみで、割高
    注意2:アプリは、販売所だけで、割高
  4. 仮想通貨を貸して利息を得る事ができる

デザインの良さ

coincheckの1番の良さは、デザインが見やすく、使いやすい事です。

株式の投資経験が初心者にはピッタリです。

アルトコインの品揃え

仮想通貨の品揃えが豊富で、アプリも使いやすいので、市場の動向をつかむには大変便利です。

ちなみに、世界最大手の仮想通貨取引所の米コインベース(bitFlyerの10倍以上のユーザーを抱えている)は、取り扱う仮想通貨を、明確な採用基準をもとに、非常に慎重に選んでおり、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、の4種類しか取り扱いがありません(2018年1月現在)。

これら4種類の仮想通貨は、いわば一流で、それ以外の仮想通貨は二流となるわけです。

そう考えると、アルトコインの品揃えが多いことは、ユーザーの資産をリスクにさらすことでもあり、必ずしも良いことばかりではありません。

レンディング

仮想通貨を貸して利息を得られるレンディングは、他の取引所にない個性的なサービスですが。

しかし、得られる利息(年率5%)の割にはリスクが高いと感じます。

そんなことも出来るんだ程度の話として解釈していれば良いと思います。

coincheck のアカウント登録はこちら

まとめ

仮想通貨は、ハッキングなどのリスクに常にさらされています。

Zaifだけにアカウント登録をして、資産を集中させるのではなく、少なくとも、coincheckにもアカウント登録して、資産を分散させる事が大切です。

Zaif のアカウント登録はこちら

coincheck のアカウント登録はこちら

The following two tabs change content below.
一日中家族と過ごしたい / 組織から独立した自由な父さんブロガー。 HAITABOOK 代表。パワフルなツールとしてのお金、仮想通貨、テクノロジーに夢中。もともとは歯医者。
この記事を書いた人